ファーストフードの味を再現するために楽しく料理をしています


私はもともと横着な性格で、凝った料理は好きではありません。たとえば懐石料理やおせち料理など、こまごまとした料理をたくさん作るのは、性に合っていません。そのため普段から、大きめの鍋で煮物やカレーなどを作り、3日間はそれを食べ続けています。まとめて作っておけば、それだけ料理や後片付けの回数が少なくなるからです。

しかしそんな私が、ここ数年は料理を積極的にするようになっています。ファーストフード店のメニューの味を再現することが、楽しくなったからです。

面倒くさがりの私は、ファーストフード店もたびたび利用しているのですが、その中でも特に大好きなチキンとコールスローサラダを、ある日自分でも作ってみたいと思い立ちました。

インターネット上には、私と同じような人が多くいたようで、数々のレシピがアップされていました。それを参考に、私は生まれて初めて調味料の量も測りながら、慎重に調理をしました。

しかし完成した料理は、ファーストフード店の味に近いものの、どこか違っていました。そこで私は、色々なスパイスの味を調べ、少しずつ混ぜました。そしてこの努力によって、近い味の再現に成功したのです。その後、他のファーストフード店のハンバーガーなども再現し、今では4種類のレシピを完成させています。

横着な性格は今でも改善されていませんし、普段の食事はたいてい大鍋で作っています。しかしこんな私でも、興味があれば凝った料理ができるとわかりました。それが自信につながり、料理下手というコンプレックスはなくなりました。